雇用と働き方

定年退職

定年退職後の再就職先の探し方4選!シニア就活の秘訣とは?

定年退職した後もまだ働きたい、あるいは働かなければならないという場合、確実に職を得る方法は、これまで働いてきた会社に「再雇用」を申し出ることです。高齢者雇用安定法により、会社側には希望者の雇用を続ける義務があるからです。 ただしその場合、給...
リスキリング

定年後の再就職を有利にする国家資格3選!異業種へ挑戦する還暦世代必見!

60代や70代になっても引退せずに働くことがあたりまえになってきました。しかし定年退職後に就いている仕事の内訳をみると、軽作業などの「単純作業」、警備や清掃など、比較的軽めではあるものの「体力仕事」といえるものが多い。 もちろん、労働時間や...
定年退職

定年後の再就職は難しい?成功のカギをにぎる4つのステップ!

人生100年時代を迎え、定年後も働き続けることがあたりまえになってきました。 法律や制度の改正で、年金受給の始まる65歳までは在職している会社で雇われることがほぼ保証され、それが70歳まで延びるのもそう遠い話ではないようです。 とはいえ、同...
雇用と働き方

80%以上の会社が「再雇用制度」を導入!「継続雇用制度」の実情と迫られる選択。

定年の年齢に達した後も、いま在籍している会社でそのまま働くことを継続雇用といいます。 高年齢者雇用安定法の改正で、60歳で定年退職と定めている会社でも、本人が希望する場合は65歳まで雇用しなければならなくなりました。 そしてさらに、いま努力...
雇用と働き方

20年で1,000万円減!雇用の形の変化で退職金が激減!その手取り額は?

高年齢者雇用安定法は段階的に改正されて、今では「70歳までの就業機会確保」というのが努力義務とされています。 「義務と努力義務」そして制度改正につきものの「経過措置」というものによって、この定年の年齢の話はとても分かりづらくなっています。 ...