「学び・副業・転職」還暦からでも若者のように行動する「エクスプローラー」

人生100年時代

「過去に戻る」ストーリーにはとても夢がある。

主人公は不遇な人生のリベンジを試みたり、死んでしまった恋人を生き返らせようと奔走する。

「あの頃に時間を戻せたなら、今度は違う選択をするのに・・」

しかし実際には時を戻すことはできない。やはり私たちには過去を変えることで現在を違うものにすることは不可能なのです。

ただ結局のところ、過去を変えたいと思うのは、現在に満足していないから。

ということは、今現在を満足できるものにできるなら過去を悔やむこともなくなるのではないでしょうか?

この記事では、苦心して過去に戻らなくても今を劇的に変える手法について、人生100年時代を語ったベストセラーライフシフトの第5章「新しいシナリオ」の内容を解説しながら考えてみます。

長寿化が働き方を大きく変える

「ライフシフト」では、長寿化にともなう社会の変化のひとつとして、働き方の劇的な変化を挙げています。

「教育を受ける→働く→引退後」という「3ステージ」の生き方から、それぞれのステージの境界があいまいになり複合的にかかわりあう「マルチステージ」というものに変化する。

引退年齢が70歳~80歳になり働く期間が長くなることで、職業というものに対する考え方も変わらざるをえない。そしてそこに、いくつかの「新しい選択肢」が生まれるというのです。

そしてその「新しい選択肢」のなかのひとつが「エクスプローラー(探検者)」というもの。

このエクスプローラーとは、

一か所に腰を落ち着けるのではなく、身軽に、そして敏捷に動き続ける。

自分を縛るものをなるべく持たずに身軽に旅をするイメージですが、実際にそんな働き方が可能なのでしょうか?

エクスプローラー的な働き方

今までの常識からすると、この「エクスプローラー」は特定の人が限られた期間にだけ実行できる特別なことのように思えます。

自分の人生にそれを取り入れるにはどうしたらいいのかな?

ここで、具体例として挙げている人物のシナリオを見てみましょう。

彼は、退職金を含めた貯蓄額や受給できる見込みの年金の金額から、このまま今の職場で今の仕事を続けていった場合の将来の姿が現実的にイメージできてしまう。

定年の年齢で引退などできるはずもなく、さらに何年も働かなければならないことが明確になり、何の変化もせずにこのままでいるという選択肢は無くなる。

そして、余暇の時間と自費を投じてスキルアップのためのプログラムに参加し、その思い切った自分のスキルへの投資によって優良な企業への転職に成功し、仕事上での実績を積みながら、さらなる研修プログラムへの参加を実現させる。

63歳で会社を退職し、それまでに築いた人的なネットワークによってフリーの立場でさまざまなプロジェクトに参加し、70代の後半になっても、仕事の依頼は絶えない。

このシナリオの内容を見てみると、「気軽に旅する」というイメージからはだいぶ離れていると感じます。

おそらく、この「エクスプローラー的な感覚」の重要性について述べられていると解釈したほうが受け入れやすいでしょう。

その感覚とは、

さまざまな選択肢を見つけ、その選択肢を残し、人生の道筋を決めないでおく。そして、柔軟性や遊び心、未知のものへの前向きな姿勢をもって積極的に行動する。

つまり、寿命が長くなるということは現状を甘んじて受け入れるのではなく、選択肢を持っておくことの重要性が高くなるということなのです。

還暦世代に向けたメッセージ

「教育を受ける→働く→引退後」という3ステージの時代には若者の特権のように思われていた、このエクスプローラー的な時間ですが、著者は「何歳でもエクスプローラーになれる」と言っています。

そして高齢の世代に向けたこんなメッセージもあります。

エクスプローラーの日々は、見違えるほど若さを取り戻せる機会になりうる。(中略)冒険に乗り出せば、現在のライフスタイルを問い直し、新しい選択肢を見出すことを通じて、活力の回復が大きく後押しされる。

そしてさらに、このエクスプローラーの存在は、年齢によって人々を隔離する仕組みを取り除く役割を持つといいます。

さまざまな世代が一緒に活動し、混ざりやすくなれば、年齢に関する固定観念は消えていく。それにより、誰もが若者の柔軟性と好奇心、そして高齢者の知識と洞察力の両方を得られるようになるというのです。

還暦世代になった私たちが、今までいろんなことを見聞きして得た知識や、様々なことを経験する中で身に着けた洞察力に、この若者のような柔軟性や好奇心が合わされば、大きな力になりそうに思います。

必要なのは家族の理解と協力

このエクスプローラー的な働き方には難しい面も多い。

仕事以外の時間の使い方を大きく変えることは夫婦関係や家庭のルールにも大きく影響します。

転職が必ず成功するとも限らないし、少なからず家計に影響を及ぼす時間とお金の投資にはパートナーの協力が不可欠ですから、慎重に話し合い、お互いにとって最良と思える選択をする必要があります。

なぜなら、探検者のような働き方とはいえ、リスクを最小限に抑える必要はあるからです。

たとえば、本業以外の時間で副業を始めるなど、リスクの少ない形で次のステップの準備をするのもひとつの方法です。

それは、パートタイムでどこかに雇われるのでもいいし、小資本で自分のビジネスを始めてもいい。

真剣に取り組めば、いずれフルタイムで今よりも待遇のいい仕事の誘いが来るかも知れないし、自分のビジネスが軌道に乗る可能性だってあるのです。

未来を変えるために積極的に行動する

大切なことは、リスクの大小にかかわらず、そういう良い結果は偶然や幸運だけでは手に入らないということです。

人間は基本的に行動を通じて学習する生き物であり、新しいステージは、実際に行動し、その行動について自己分析をする絶好の機会になる。

つまり、未知のものを恐れずに、新しい機会を積極的に切り開こうとする姿勢がなければ、どんな良い結果も得られず、今現在も未来も変わることはないということなのでしょう。

私たちはみな、子供のころから新しい環境を受け入れ続けてきました。なかば強制的にそれまでとは違う集団に組み込まれたり、必要にせまられ、苦心して他者との関係を構築したりもしました。

しかし歳を重ねるにつれてそういう機会は少なくなり、同時に学習の機会も失われてきたように思います。

まとめ

長寿化による働き方の変化と、それにともなって生まれる新しい選択肢のひとつ「エクスプローラー」についてみてきました。

若者の特権のように思える自由な働き方とは、その豊かな好奇心や積極的な行動力という探検家のような精神を意味しているようです。

それは私たち還暦世代、そしてさらに高齢の世代が若さを取り戻し、活力を回復させる原動力にもなるといえます。

人生100年時代をむかえ、私たちは意識を変える必要があるのです。

思春期の特徴を大人になってからも保持し続けることの価値が増す。

エクスプローラー的な働き方を取り入れ、探検者のように生きるには難しい面も多い。パートナーの協力を得ることも大切だし、生活資金を確保する必要もあります。

そして何よりも積極的に行動する勇気を持たなければなりません。

しかし、長寿化の負の側面である社会保障制度への不安、劇的な技術革新が生み出す雇用環境の変化などを考えれば、現状のままでいることこそがいちばんのリスクといえるのではないでしょうか。

長生きをリスクではなく恩恵にするためには、私たち還暦世代こそが、この新しい選択肢のひとつである「エクスプローラー」のような生き方を選ぶときなのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました